ナツエビネ(夏海老根) ラン科エビネ属
 絶滅危惧Ⅱ類
  
2010年9月4日 伊豆諸島




2015年8月20日 愛知県
・和名の由来
夏に咲くエビネが名前の由来。

・花の特徴等
花は淡紅紫色、側萼片が上向きに反り返り、線形の側花弁は開出する。下垂する唇弁は濃紅紫色で3裂し、中裂片の先が扇形に広がって縁がフリル状になる。花の形がユニークで華やかで豪華な感じのするランである。
八丈島三原山の山中で見たナツエビネは13本立、豪華な花姿に圧倒された。