マツラン(松蘭) ラン科マツラン属   
 絶滅危惧Ⅱ類
   2015年4月15日 山梨県

・和名の由来
松の幹に着生することが多いのがその名の由来。別名のベニカヤランは、葉や花に紅色の斑紋があり、カヤランに似ていることに由来する。

・花の特徴等
着生ランで海岸ならクロマツ、内陸なら常緑樹に着生することが多い。
花と葉に紅紫色の斑紋があること、唇弁の先端が広三角状に広がり、基部が袋状になること等が特徴。
植物体が小さいので見つけるのは難しい。見つけても、木の高い所に着生していると撮影はお手上げであるが、ラッキーにも撮影可能な場所に着生していた。

  
 
2014年4月27日 愛知県