コハクラン(琥珀蘭)  ラン科コケイラン属
絶滅危惧ⅠA類
                                                                 
  
 2011年7月10日 長野県 




2019年7月9日  静岡県        
・名前の由来  
花の色が琥珀色であることに由来する。

・花の特徴等 
狭披針形の縦皺が目立つ葉が1枚つく。花は下向きにやや閉じ気味に咲き、萼片と側花弁は暗黄色で光線の具合によっては琥珀色に見える。唇弁は白色で3裂し淡赤紫の斑紋がある。
花が下向きに咲くので一見目立たないが、花を拡大すると美しいランであることが分かる。
          
 
 
2016年7月10日 長野県