タデスミレ(蓼菫) スミレ科スミレ属
                                                                     絶滅危惧Ⅰ類B
 
 2008年6月4日 長野県




 2017年6月3日 長野県



2018年5月25日 長野県
・和名の由来
葉が蓼の葉に似ていることに由来する。

・花の特徴等
落葉樹林下に生え、自生場所が一か所しかないと言われている貴重なスミレ。根生葉は無く、茎葉は細長い。葉腋から長い花柄を出し白い花をつける。側弁は有毛で距は短い。
草丈が高く、葉が細長いので、花がついていなければ、とてもスミレとは思えない。
自生地は山道沿いで自生株は少なく絶滅が心配だったが、、その後、保護柵が作られ、自生地に立ち入ることは出来なくなった。。