ジャコウキヌラン(麝香絹蘭) ラン科ジャコウキヌラン属  
絶滅危惧ⅠB類

2017年4月19日 石垣島 



花茎が折れても、そこから立ち上がって花をつけている
健気な株もあった。
・和名の由来
花に芳香があり、茎にキヌランと同じように白い毛が密生することがその名の由来。

・花の特徴等
茎は地を這い先が直立、光沢のある葉が5~6枚互生し、花茎には白い毛が密生する。花は淡緑色を帯びた白色、背萼片と側花弁は重なり合い、側萼片も平開しない。唇弁は先がY字形になり、裂片は円形が基本だが、いびつな形になるものもある。
自生地に至るまでは急登や蛭の襲来等苦労の連続だったが、清楚で芳香のある素晴らしい花を見て、苦労した甲斐があったというもの。
偶然知り合った地元の方の案内があったので、何とか自生地に辿り着けた。とても案内なしで行けるような場所ではない。感謝、感謝。