チシマキンレイカ(千島金鈴花 オミナエシ科オミナエシ属)
絶滅危惧ⅠB 類
 
2010年6月27日 礼文島・礼文林道



2004年6月3日 礼文島・8時間コース
・和名の由来
千島で最初に発見され、花色を金、花形を仏具の鈴に見立てたことに由来する。

・花の特徴等
北海道の高山帯の砂礫地に生える。根生葉は多数つき縁が全縁または羽状に裂ける。茎葉は1~2対が対生し羽状に深裂する。散房状集散花序を出し小さな黄色の花を蜜につける。花冠は筒形で距はない。花茎や茎に2列の白い毛がある。
この花は礼文であれば海をバックにして撮影したいが、そのような条件にある株を見たことがない。