ミョウギイワザクラ(妙義岩桜 サクラソウ科サクラソウ属 
絶滅危惧ⅠA類

2019年5月6日 妙義山



葉の縁の切れ込みがコイワザクラとあまり変わらない株もあった。
・和名の由来
妙義山系に自生するイワザクラに由来する。イワザクラは岩場に生え花が桜に似ているのため。

・花の特徴等
妙義山系固有種。コイワザクラの変種で母種によく似ているが、葉の縁の切れ込みが母種より浅いことが相違点。
本種は険しいことで知られている表妙義や裏妙義の岩場に生えるので、大げさに言えば見に行くだけでも命がけである。
画像の自生地もロープのある急斜面に生えていて足場確保に気を使いながら撮影した。勿論、三脚は使用できるようなところではない。




 白花も咲いていた。