ハツシマラン(初島蘭) ラン科オオギミラン属
絶滅危惧ⅠA類 

情報非公開



情報非公開
・和名の由来
発見者の名前に由来する。

・花の特徴等
暖地の常緑広葉樹林の林縁に稀に生える。花茎や子房、萼片に白く長い毛が密生し、萼片と花弁は重なり合う。花色は紅褐色で背萼片に僅かな淡緑色の着色があり、唇弁は透き通るような白色で基部は細く、中程から扇状に広がり先端が2深裂する。
ハツシマランは自生地が限られ見ることは叶わないランと思っていたが、花友さんからピンポイント情報をもらい対面を果たすことが出来た。花友さんに感謝。