アサヒエビネ(旭海老根 ラン科エビネ属)
絶滅危惧Ⅱ類 

2019年9月10日 東京都



2019年9月10日 東京都
・和名の由来
自生地である父島の旭山に因んだことに由来する。
 
・花の特徴等
小笠原諸島固有種で父島、兄島だけに生える。特徴は葉が大型で光沢のあること、花茎が長いこと、花色が咲き始めは白色だが、咲き進むと淡黄色になること、花の形がユニークなことで、側花弁と萼片が上方に反転、唇弁がT字状に3裂、中裂片が更に3裂すること等である。
現地に行って分かったことだが、トレッキングコース上にあるアサヒエビネは全て植栽だそうである。自生株はコース外にあるらしい。小笠原はコース以外は全て立ち入り禁止になっているので植栽で我慢するしかない。