アキザキナギラン(秋咲梛蘭 ラン科シュンラン属)
絶滅危惧ⅠB類 
 
情報非公開



情報非公開
・和名の由来
その名の通り秋に咲くナギランに由来する。ナギランは夏に咲く。

・花の特徴等
常緑広葉樹林の林床に生える。葉は楕円形で1~3枚つき、革質で光沢があり縁は平滑で基部が急に細くなる。萼片、側花弁は淡緑色で開出、唇弁は緑かかったクリーム色で赤紫色の斑紋が入り先端が下側に反転する。
この自生地にはナギランも混生していて葉がよく似ているが、葉幅がナギランより広いこと、葉縁が平滑であること、細く縦に走る葉脈が目立つことで区別できると教えてもらった。






・沖縄や徳之島に咲くものはオオナギランとして区別されている。
下の画像の通り本種とは花もかなり違う。