コアツモリソウ (小敦盛草 ラン科アツモリソウ属)
準絶滅危惧

2011年6月19日 山梨県



シナノコアツモリソウ
2018年5月18日 山梨県
・和名の由来
花がアツモリソウに似て、それより小さいことにに由来する。

・花の特徴等
対生する葉の間から細い花柄を出し垂れ下がって一つの花をつける。唇弁は袋状で内外側に紅紫色の線状斑がある。
唇弁に紅紫色線状斑の無いものはシナノコアツモリソウと呼ばれている。
花が葉の下につく上、背萼片が特徴のある唇弁を覆い、その内側を隠しているので、写真を撮るには這いつくばりローアングルにしなければならない。