ムギラン(麦蘭 ラン科マメヅタラン属)
 準絶滅危惧

2015年6月2日 愛知県
・和名の由来
偽球茎を麦の粒に見立てたことに由来する。

・花の特徴等
樹幹や岩に着生する。偽球茎の先端から肉厚の葉が1枚つき、基部から花茎を出して淡黄緑色の小さな花を1~3個つける。背萼片は蕊柱を覆い、側花弁は閉じ気味に唇弁を抱き、側萼片は基部が合着し唇弁を包み込んでいる。唇弁の基部は壺状。
葉がよく似たマメヅタの群落の中で埋もれるように生えていることが多く、花も小さいので、見つけるのが難しい。