オオギミラン(大宜見蘭)   ラン科オオギミラン属  
絶滅危惧ⅠB類

2016年6月10日 沖縄県




2016年6月10日 沖縄県
・和名の由来
産地の沖縄北部・大宜見村に由来する。別名のイナバランは西表島・稲葉集落に由来する。かっては、オオギミランとイナバランは別種と考えらていたようであるが、今は同一種と見做されている。

・花の特徴等  
一番の特徴はユニークな唇弁で、先端が2裂してY字形になり、基部から中央にかけて対になった糸状突起がある。花茎や萼片には荒い毛があり、萼片の内側は緑色で白色の網目状の斑紋がある。左の画像は唇弁が上にあるが、唇弁の向きは一定ではなく様々。
西表島西部で自生株を見つけ、3年間、花期に訪れたが、開花しなかっ た。4年目に沖縄北部でやっと開花している株にお目にかかれた。