キバナノショウキラン(黄花の鐘馗蘭)  ラン科ショウキラン属
 絶滅危惧ⅠB類
 
 2015年7月10日 静岡県



2011年7月4日 東京都
・名前の由来  
ショウキランに似て花が黄色であることに由来する。

花の特徴等  
葉を持たない菌従属栄養植物。花の色は外側が黄褐色、内側が黄色を帯びた白色、上向きに咲き、唇弁が袋状で、距が前に突き出る。島嶼を除く東京都で見ることのできる数少ないランの一つ。
同属のショウキランとシナノショウキランと似ているが、下の画像の通り、花の色や距の形、赤紫色の斑紋の有無等に違いが分かる。それに上向きに咲くのはキバナショウキランだけ。

  
キバナショウキラン

シナノショウキラン


ショウキラン