ツクシチドリ(筑紫千鳥) ラン科ツレサギソウ属
  絶滅危惧ⅠB類

2015年6月29日 大分県



2019年6月28日 大分県
・和名の由来  
産地と花姿に由来する。別名のニイタカチドリは台湾の玉山の旧称・新高山で発見されたことに由来する。

・花の特徴等  
常緑広葉樹林のやや湿った場所に生える。花は白色で緑色の中脈のある背萼片と側花弁はかぶと状、側萼片は開出、緑色の斑紋があり、先端が内側にくびれる。唇弁は舌状で後方に曲がり、距は太い。
薄暗い常緑広葉樹林の中で白い花が浮き上がっているように見え、森の妖精を思わせる。
   
         距は太い

2014年7月9日 大分県