ナゴラン(名護蘭) ラン科ナゴラン属
  絶滅危惧ⅠB類

2013年6月15日 鹿児島県


2013年6月14日 鹿児島県
 ・和名の由来  
沖縄・名護岳で発見されたことに由来する。

・花の特徴等  
暖地の樹幹や枝に着生する。花は白色で萼片と花弁に紅紫色の斑紋が入る。唇弁は先端が広がり、フリル状の鋸歯がある。甘い香りがするらしいが、確認できるような距離にある株に出会ったことがない。
左の株は300mm望遠で撮影できる距離にあり、再訪してもう少し良い状態の花を撮りたいと思っていたが、盗掘されてしまった。
           



 
 
2014年7月2日 鹿児島県